My sweet 毛皮

kegawa1968.exblog.jp
ブログトップ
2011年 01月 22日

「ソーシャル・ネットワーク」

a0194919_11152817.jpg

★★★★☆ 1/15 チネ・ラヴィータ

今年まず最初の大期待映画。
テーマもそうだし、なによりデヴィッド・フィンチャーってところで内容に関係なく期待してしまう。
ほぼ期待通りだった。
冒頭から引き込まれた。流れるような展開。
主人公のあのキャラクター、きっと本人もああいう感じなんだよなあと思わせる。
マーク・ザッカーバーグを演じたジェシー・アイゼンバーグ、最高である。
周辺の人々がちょっとステレオタイプだったけれど、ホント期待していて相当面白かった、となる映画ってなかなか無いので大満足。

3/2011
[PR]

by kegawa1968 | 2011-01-22 11:12 | 映画


<< 「ハーブ&ドロシー」      「トロン:レガシー」 >>